ス ポンサードリンク

2010年06月23日

ダイエットと乳酸菌について

乳酸菌というと何を連想しますか?

コマーシャルの影響もあると思いますが、乳酸菌=ヨーグルトって頭の中にインプットされている方が多いと思いますが・・

日本人にとって理想的な乳酸菌ってなんだろうと考えていたのです。

今日は、ヨーグルト以外で摂りませんか?という提案です。
まず、お腹と乳酸菌の関係を少し話しますね。

乳酸菌はそのものが腸に届くことはほとんどありません。

なぜかというと、胃液の酸によって乳酸菌が死滅してしまうからです。

じゃあ、何のために乳酸菌を摂るのか?といえば、「乳酸菌の死骸」がお腹の善
玉の腸内細菌(乳酸菌)を元気にしてくれます。

食べでも届かないとなると、乳酸菌ってどこから来るの?って不思議に思いませんか?
実は、本当にビックリするのですが生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌のほ
とんどが『善玉菌と言われる乳酸菌』だといわれています。

元々体の中に住み着いていたんです。

ところが、離乳食が始まると腸内細菌のバランスが崩れてくることが、
分かっています!
食べ方のバランスで腸内細菌が変わってく所が重要なことなんです。

バランスよく食べる事が大事です。

そして、どな風に乳酸菌を摂るのかもとっても重要なんです。

ダイエットに適した乳酸菌の含まれる食べ物の特徴をあげます。

乳酸菌以外にも食物繊維が含まれていたり、自然の甘みが含まれていたりします。

さて?その正体がわかる方…
日本人になじみの深い発酵食品だといえばわかりますか?

「味噌」「納豆」「ぬか漬」他にも甘酒やカス漬も発酵食品ですね。

味噌や納豆は一年中同じように手に入ります。

そして今の季節からおすすめしたいのが「ぬか漬」なんです。

なぜかというと、一つ目は「その時の旬の野菜が摂れる」というメリットがあるからです。

旬の野菜には、その季節に必要な栄養素が含まれていますし、「生」ですから酵
素も一緒に摂ることができるんです。

そしてもう一つは、「ぬかに含まれるビタミンB」の働きです。

ビタミンB1には糖分の分解の時に必要な燃焼系ビタミンで有名です。

ビタミンB2には肌や腸の粘膜を健康に保つ働きがあります。

ダイエットには欠かせない栄養素です!!

今まで、お腹のためにヨーグルトを食べなきゃいけないと思っていたら
ちょっと頭の切り替えをしてください。

最近は冷蔵庫に入れておけるぬか床が売られています。

食べ物のことをちょっと真剣に考えようかな?と思っている方にはチャンスかもしれません。
参考になりましたか?では、また明日!
ダイエット☆美容☆comトップへ


ココにいれる
タグ:乳酸菌
posted by ダイエット at 21:21 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。